ブログ

失敗しない「ほうじ茶」(宮崎県新富町・新緑園)

新緑園のほうじ茶は釜炒りをほうじてつくっているため香りがよく、すっきりとした味わいを楽しむことができます。

ほうじ茶の入れ方は、焙煎された茶葉の香りを引き出すには高い温度で入れるのが最適。なるべく熱めのお湯を一気に注ぐのが入れ方のコツ。茶器は急須でもかまいませんが、用意できるのであれば厚手で大きめの土瓶が保温性に優れているのでおすすめ。湯飲み茶碗も肉厚で大きめのものが向いています。

番茶と同じく熱湯を注ぐ入れ方なので、煎を重ね(2煎目・3煎目と出すこと)ずに入れるたびに茶葉を取り替え方が美味しく飲めます。

関連記事

  1. 「農業は大変?これからの農業は希望がたくさん!」若手キュウリ農家…
  2. 千切り大根(切り干し大根)日本一の宮崎:きちや手振千切を作る吉野…
  3. こゆ野菜:フリルレタス(海砂栽培)
  4. ペロリ鉱山農園の米良糸巻き大根(西米良村)
  5. 地元企業:キムラ漬物宮崎工業株式会社
  6. 福岡から移住、みらい畑・石川美里さん
  7. 協力:梶山商店(宮崎県綾町)
  8. 稼げる地域経済を実現。アグリテックで飛躍する農業ビジネスと地方の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR:宮崎県新富町のふるさと納税が人気

最近の記事

PAGE TOP