ブログ

こゆ果物:完熟マンゴー

世界三大美果のひとつに数えられるマンゴー。栄養価も高く、女性にとってはうれしいビタミンC、葉酸、食物繊維、カリウムなどが豊富に含まれているんです。

宮崎県は年間を通じて温暖で年間平均気温は約18度と全国的にみてもマンゴー栽培に比較的適した土地であるという事で、1980年代半ば頃に生産が始まったと言われています。それからPRを積極的に行い、“東国原知事”によって全国的に知れ渡るようになりました。

マンゴー生産者:児玉潤一郎さん
14年前に脱サラしてご実家の農業を継がれた児玉潤一郎さん。きゅうりとお米を作られていましたが、知人のハウスに行った時、マンゴーのポット栽培に感動し、マンゴー作りもお1人ではじました。一年を通してすべての作業を大切に気を配り、1玉1玉作り上げています。

マンゴー生産者:日高健太さん
マンゴーだったら誰にも負けない自信があります!18才からマンゴー農家になった日高さん。お父さまが他界され、農業の“の”の字も知らず就農され、その当時は周りにマンゴー農家はおらず、梨やぶどうの農家に勉強に行き、独自の栽培方法でマンゴーをつくっています。いつも楽しそうにマンゴーについてお話ししてくださるんですよ。

保存の仕方
完熟マンゴーをビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室へ。食べ頃は収穫後7日前後。冷やしてお召し上がりください。

関連記事

  1. こゆ野菜:オクラ
  2. 北海道から注文が入る、柑橘農家の大木さんご夫妻
  3. BBQはこゆ野菜で
  4. こゆ果物:パッションフルーツの食べごろ・食べ方
  5. 「農業は大変?これからの農業は希望がたくさん!」若手キュウリ農家…
  6. ペロリ鉱山農園の米良糸巻き大根(西米良村)
  7. こゆ果物:エリザベスメロン
  8. 西米良村のゆず台地、最年少ゆず農家・黒木元太さん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR:宮崎県新富町のふるさと納税が人気

最近の記事

PAGE TOP