ブログ

北海道から注文が入る、柑橘農家の大木さんご夫妻

きんかん、日向夏、早生みかん、そしてお米をつくっている大木さん。元々はきゅうり、お米をメインに栽培していましたが、植え換えの多い作物は歳をとると大変なので、9年前からきゅうりハウスを使っての日向夏、きんかんに植え直し、育てはじめました。

しかし、大木さんのこだわりはあいかわらずで、日向夏やきんかんの木を切ったり、収穫する時のハサミは必ず違うものを使ったり、選別も1玉1玉確認しながら二人でされています。

各200本以上の木からとれる大木さんの果実は甘く、ほどよく残る酸味が特徴です!!是非、日向夏は皮をうすくむいて白わたを楽しみ、きんかんも生のままパクッとお召し上がりください。

関連記事

  1. BBQはこゆ野菜で
  2. 日本一の茶園「新緑園」に聞く、美味しいお茶のいれ方
  3. 独自の栽培方法で作る甘い「贅沢トマト」森緑園 ・森哲也さん
  4. 「農業は大変?これからの農業は希望がたくさん!」若手キュウリ農家…
  5. 西米良村のゆず台地、最年少ゆず農家・黒木元太さん
  6. こゆ野菜:カラーピーマン
  7. こゆ果物:完熟マンゴー
  8. 地元企業:キムラ漬物宮崎工業株式会社

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR:宮崎県新富町のふるさと納税が人気

最近の記事

PAGE TOP