ブログ

「農業は大変?これからの農業は希望がたくさん!」若手キュウリ農家・猪俣太一さん

新富町の新田(にゅうた)という地域できゅうりをつくっている猪俣太一さん(29才)。

22才の時にアルバイトを通して食に関心を持ちはじめ、大学を中退。実家のキュウリ農家を継ぎました。ご両親と3年、農業について学んだ後、独立。今年で6年目になります。

– 農業って大変な事ばかりじゃないですか?

猪俣さん:ITを活用して、農業はこれからさらに盛り上がるよ!希望がたくさん!

1日、多い時で1500本を1人で収穫している太一さん。「安定して、楽しく農業したい!」と、笑顔でお話ししてくださいました。

×農業=大変(昔)

○農業=可能性(今)

「昔の農業への概念を少しずつ変えていくのも僕ら若い世代の役割です。」と、熱い想いを語ってくれました。

□インタビュー記事はこちら

関連記事

  1. こゆ野菜:カラーピーマン
  2. 福岡から移住、みらい畑・石川美里さん
  3. こゆ果物:完熟マンゴー
  4. BBQはこゆ野菜で
  5. 千切り大根(切り干し大根)日本一の宮崎:きちや手振千切を作る吉野…
  6. 地元企業:キムラ漬物宮崎工業株式会社
  7. ペロリ鉱山農園の米良糸巻き大根(西米良村)
  8. 北海道から注文が入る、柑橘農家の大木さんご夫妻

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR:宮崎県新富町のふるさと納税が人気

最近の記事

PAGE TOP